無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく 木の店さんもくは、岩手県一関市で1964年に創業した木材やオリジナル家具などを販売している木のお店です。地元岩手を始め、国内産・海外産の無垢材、一枚板、銘木など豊富に取り揃えております。当店自慢の木材を使ったスピーカーや時計などのオリジナル家具の販売、ご自宅や店舗に合わせたオーダー家具の制作も承っております。

ザックリ割れたナラ一枚板

製材から2ヶ月経過した一枚板

 

 

 

 

 

なら原木を製材しました。

 

ゴロっとした原木です。

サイズは

原木の長さが120㎝

細いところで50㎝から

太いところで80㎝ほどあります。

 

 

 

このナラ原木の

特徴は画像で見えるように

片側半分が

朽ちたようになっていて

立ち枯れた雰囲気の原木になっています。

 

 

 

 

 

 

 

この肌目からどんな杢目の板がとれるのか

楽しみです。

 

 

 

 

 

 

製材

 

 

 

 

製材は

この朽ちたところから

挽いていくことにしました。

 

 

 

 

 

 

 

製材の様子を動画でご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

製材した一枚板は

厚みが30㎜から

45㎜、55㎜

厚いところで60㎜

 

8枚ほど製材しました。

 

 

 

 

 

製材から2ヶ月後

 

原木を製材して

2か月が経過

 

製材した一枚板は

どのような感じになっているのか

 

動画で解説しました。

 

ご覧ください。

 

 

 

 

製材直後は

このまま動かずに乾燥してほしいと

毎回祈るばかりです。

 

しかし

 

現実は厳しく

45㎜から60㎜ほどで

製材した一枚板は

 

製材してから1か月から

半年の間で

反ったり、割れたりする板が

出てきます。

 

 

 

 

 

 

 

この板はザックリと

割れています。

 

補修しても

このまま板として使うことは

難しいでしょう。

 

 

 

製材の時に

ある程度割れが入っていたので

2か月の間でさらに

割れが広がったようです。

 

 

 

 

 

 

表面がほんの少し

乾燥した分

干割れ(ひわれ)がところどころ

入っています。

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

製材した一枚板が

自然乾燥の過程で

どのように変化(割れたり反ったり)

していくのか。

 

今回は

製材後2か月経過した状態を

ご覧いただきました。

 

まだ2ヶ月なので

これですべてが分かるわけではないので

半年後、一年後

 

常々

そのつど様子を見ていきます。

 

大きく反ったり割れたりしたものは

 

どのように活かせるのか

考えながら

いろいろと活用していきます。

 

 

 

関連記事

無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく

無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく

木の店さんもくは、岩手県一関市で1964年に創業した木材やオリジナル家具などを販売している木のお店です。地元岩手を始め、国内産・海外産の無垢材、一枚板、銘木など豊富に取り揃えております。当店自慢の木材を使ったスピーカーや時計などのオリジナル家具の販売、ご自宅や店舗に合わせたオーダー家具の制作も承っております。

屋号 さんもく近江銘木株式会社
住所 〒029-0132
岩手県一関市滝沢字鶴ヶ沢7-53
電話番号 0191-21-1131
営業時間 平日 9:00~17:00
土曜日 9:00~12:00
定休日:日曜日/祝日
代表者名 近江 謙利
E-mail info@kinomisesanmoku.co.jp

無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく 木の店さんもくは、岩手県一関市で1964年に創業した木材やオリジナル家具などを販売している木のお店です。地元岩手を始め、国内産・海外産の無垢材、一枚板、銘木など豊富に取り揃えております。当店自慢の木材を使ったスピーカーや時計などのオリジナル家具の販売、ご自宅や店舗に合わせたオーダー家具の制作も承っております。

〒029-0132
岩手県一関市滝沢字鶴ヶ沢7-53

0191-21-1131

0191-21-1136

平日 9:00~17:00
土曜日 9:00~12:00
定休日:日曜日/祝日