無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく 木の店さんもくは、岩手県一関市で1964年に創業した木材やオリジナル家具などを販売している木のお店です。地元岩手を始め、国内産・海外産の無垢材、一枚板、銘木など豊富に取り揃えております。当店自慢の木材を使ったスピーカーや時計などのオリジナル家具の販売、ご自宅や店舗に合わせたオーダー家具の制作も承っております。

一枚板ミッション「厚い板を製材して2枚にする」

トチ一枚板の仕上げ

 

 

 

お客様が

持ち込まれた

トチの厚い盤

 

 

サイズは

1600×800~900×120

 

厚みが12㎝あります。

 

 

原木から製材された際に

この厚みにしたようです。

 

 

製材後10年以上

経過しているとのことで

 

この板をテーブル天板に

仕上げることになりました。

 

 

このまま仕上げると

両面プレーナーで

平らにしても

大分厚い板になります。

 

 

 

そこで

厚い盤を挽き割って

2枚の天板にすることに

なりました。

 

 

 

 

 

製材所へ

 

 

二枚に挽き割るために製材所へ

 

 

 

 

 

 

 

一枚板から飛び出たコブ

 

とても雰囲気があります。

 

しかしこのコブ

 

一枚板の巾が90~100㎝近くあり

この瘤を入れると110㎝ほどになります。

 

このままでは

製材機の上部にあたってしまい、

 

製材できないのです。

 

 

製材前の打ち合わせ時には

ギリギリな感じで

 

製材所にいってみて

材を設置して

製材できるか確認してみることに

していました。

 

 

結果は

予想はしていたことですが、

製材機に当たるために

 

切り落とすことになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飛び出たコブを

カットしました。

 

 

 

切り取られた瘤の出っ張り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

板の裏面の厚みが

大分違っています。

 

 

悩んだ末

一旦このまま製材をすすめることに

しました。

 

 

一枚はまっすぐ平面の

板を製材して

残りが

いびつな状態になり、

 

最終的に薄い

一枚板になることが

予想されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一枚板の中に

コブ杢がありました。

 

 

 

 

 

 

製材開始

 

 

 

 

 

 

原木の製材とは違い

厚い盤から

2枚の板に製材するだけの

ことなのですが、

 

 

 

実は

意外と大変なのです。

 

原木から一枚板を

製材することとは違い、

 

厚いとはいえ

12㎝ほどの板を

 

きれいに

2枚に挽き割ることは

 

難易度が高い仕事になります。

 

 

 

特に今回の板は

巾が90㎝を超えていて

 

10年以上乾燥された

トチの板です。

 

きれいに2枚に

挽き割れるか

 

正直やってみないと

わからない

 

という世界です。

 

 

 

 

今回のトチの板を

製材から一枚板に仕上げるまでの

動画にまとめています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うまく挽けたと思いきや、、、

 

 

厚いトチ板から

なんとか2枚に挽き割ることが

できました。

 

 

 

画像では

同じような厚みで

2枚製材されているように見えるのですが。。。

 

 

 

製材中にノコの刃が

逃げてしまい

 

一見まっすぐに挽けたように

見えたのですが、

 

実は中ほどで

大きくえぐれたようになって

製材されてしまいました。

 

考えられる原因は

板がコブを落としても

製材機の高さいっぱいで

 

製材ガイドを外して

目いっぱいで挽いたことで

刃がブレてしまったようです。

 

それに

通常の原木と違い

材の堅さもあります。

 

栃はそれほど堅い木では

ないのですが、

生材ではなく、10年以上

乾燥されたことで

材自体が堅くなっていたことも

関係しているようです。

 

 

 

 

仕上げ

 

製材後に

プレーナーで両面をきれいに削り

虫食い穴や割れを

補修していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オイル塗装で仕上げて

完成です。

 

 

ダイニングテーブル天板

 

木表側の一枚です。

 

オイル仕上げ直後です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

PCデスクカウンター

 

木裏がわの一枚です。

 

まるまる一枚で仕上げると

使えないほどの薄さになってしまうことから

 

とくに薄くなっている側を

切り落とすことで

 

片耳になってしまいましたが、

厚みを薄くすることなく

仕上げることができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

製材で

切り落としたコブ

こちらも

磨いてオイルで

塗装することにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

すでに乾燥された状態の

厚い盤を

製材して2枚に挽き割る。

 

以前にも何回かそのような

製材をしていたこともあり、

 

今回も厚みが12㎝ほどあるので

5㎝ほどの厚みが2枚は取れるだろうと

予想していましたが、

 

巾90㎝超えのトチ板に

大分苦戦してしまいました。

 

製材中に依頼主に

電話で状況を報告し

 

まかせますと、

一任されはしましたが、

 

お客様もハラハラ心配だったことと

思います。

 

結果

1枚の両耳のダイニングテーブル天板

1枚の片耳のカウンターテーブル天板

 

を仕上げることができました。

 

出来上がりを依頼主に見ていただき

喜んでいただけて

内心ホッとしました。

 

依頼主の地元で伐採された

というトチの木で

 

実がしっかりしていて

木味が最高に良く

 

赤身の杢の光沢が

キラキラしていて

見る角度で景色がかわり

 

見ていて飽きない

とても面白い板です。

 

これから

長い間

使われるご家族の

癒しのテーブルになることでしょう。

 

 

 

関連記事

無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく

無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく

木の店さんもくは、岩手県一関市で1964年に創業した木材やオリジナル家具などを販売している木のお店です。地元岩手を始め、国内産・海外産の無垢材、一枚板、銘木など豊富に取り揃えております。当店自慢の木材を使ったスピーカーや時計などのオリジナル家具の販売、ご自宅や店舗に合わせたオーダー家具の制作も承っております。

屋号 さんもく近江銘木株式会社
住所 〒029-0132
岩手県一関市滝沢字鶴ヶ沢7-53
電話番号 0191-21-1131
営業時間 平日 9:00~17:00
土曜日 9:00~12:00
定休日:日曜日/祝日
代表者名 近江 謙利
E-mail info@kinomisesanmoku.co.jp

無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく 木の店さんもくは、岩手県一関市で1964年に創業した木材やオリジナル家具などを販売している木のお店です。地元岩手を始め、国内産・海外産の無垢材、一枚板、銘木など豊富に取り揃えております。当店自慢の木材を使ったスピーカーや時計などのオリジナル家具の販売、ご自宅や店舗に合わせたオーダー家具の制作も承っております。

〒029-0132
岩手県一関市滝沢字鶴ヶ沢7-53

0191-21-1131

0191-21-1136

平日 9:00~17:00
土曜日 9:00~12:00
定休日:日曜日/祝日