無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく 木の店さんもくは、岩手県一関市で1964年に創業した木材やオリジナル家具などを販売している木のお店です。地元岩手を始め、国内産・海外産の無垢材、一枚板、銘木など豊富に取り揃えております。当店自慢の木材を使ったスピーカーや時計などのオリジナル家具の販売、ご自宅や店舗に合わせたオーダー家具の制作も承っております。

夏伐採された原木【さわら原木製材編】

岩手県産さわら原木を製材します。

 

 

 

前回ブログ

夏伐採された

岩手県遠野産さわら原木

 

製材編です。

 

 

 

遠野にある製材所で

製材してもらいます。

 

 

長さ4メートル

太いところで90㎝を超える

原木です。

 

 

この原木から

一枚板を製材していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

製材の向き

 

全体的に原木に

枝の跡があるので

 

きれいな

丸節が期待できます。

 

 

こちらのサワラ原木は

両木口に入っている割れの向きが

同じです。

 

その縦割れに従って

製材することにします。

 

 

 

 

木口割れを縦にして製材

 

 

 

 

末口も同じような

木口割れが入っています。

 

 

 

 

 

 

製材開始

 

 

 

 

 

 

 

製材風景を動画投稿しています。

ご覧ください。

 

 

 

原木を製材するときは

いつものことなのですが、

 

最初のノコ入れが

一番緊張するところです。

 

 

 

 

 

最初の一刀目で

この感じの木目と節が

あらわれました。

 

期待感が上がります。

 

 

 

 

枝の跡から

きれいな丸い節が

いくつか出てきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

製材を進めていくと

動いた杢も出てきました。

 

ヒノキと違い

節は赤くありません。

 

そして

ヒノキのような

あの香りはまったくなし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木目でなんとなく

わかるように、

柾目が強くなってきて

中心に小さな節が

いくつも出てきました。

 

芯に近づいてきました。

 

 

 

 

 

 

この一枚が

原木のど真ん中になって

芯持ちになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

        

 

 

本来なら

ここで

原木を返して

反対側の製材を

始めるところなのですが、

 

 

原木が太いため

固定する爪を

掛けることができずに

 

このまま

製材を続けていくことに

なりました。

 

 

 

 

 

原木を返さないので、

 

ここからは

木裏を見ながらの

製材となります。

 

芯に近い木目から

 

だんだん

杢がでてくるように

なります。

 

最初の逆回転です。

 

 

 

 

 

製材の時に出る

オガ屑を

触ってみると、

 

さらさらで乾燥しているようでした。

 

 

赤身材なので

夏伐採の影響はあまり

ないのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だんだん

芯から遠い

一枚板の木目になってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで原木を

ひっくり返して

反対側からの

製材になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後は

厚み75㎜の一枚板が

残って

製材終了となりました。

 

 

 

今回の製材に

要した時間は

おおよそ

2時間半ほどでした。

 

特に今回は

90㎝を超える

巨木だったことも

あると思います。

 

 

毎度のことですが、

セッティングに時間がかかり

 

製材一刀目まで

1時近くかかりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

製材後

会社に戻ってきました。

 

ここから

木口をカットしたり

 

乾燥による

割れ、反りを軽減する

ブレンマーPE400という

液体を塗ってから

倉庫内に

立て掛けて

自然乾燥に入ります。

 

 

  

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

夏伐採された

さわら原木ということで

 

唯一

どれだけ赤身が多く出るか

という製材でしたが、

 

なんと

製材した一枚板は

ほとんどが白太が極端に少なく

赤身の一枚板が

とれました。

 

 

そして

製材した際に出た

オガ屑が

さらさらで乾いてました。

 

普通は

冬に伐採された木でも

白太などは水気があって

オガ屑などは

当然湿っています。

場合によっては

びちゃびちゃに近いことも

あります。

 

今回の

この原木のオガ屑は

とても不思議です。

 

一枚板での今後の

乾燥状況など

こまめに見ていこうと

思います。

 

 

 

関連記事

無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく

無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく

木の店さんもくは、岩手県一関市で1964年に創業した木材やオリジナル家具などを販売している木のお店です。地元岩手を始め、国内産・海外産の無垢材、一枚板、銘木など豊富に取り揃えております。当店自慢の木材を使ったスピーカーや時計などのオリジナル家具の販売、ご自宅や店舗に合わせたオーダー家具の制作も承っております。

屋号 さんもく近江銘木株式会社
住所 〒029-0132
岩手県一関市滝沢字鶴ヶ沢7-53
電話番号 0191-21-1131
営業時間 平日 9:00~17:00
土曜日 9:00~12:00
定休日:日曜日/祝日
代表者名 近江 謙利
E-mail info@kinomisesanmoku.co.jp

無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく 木の店さんもくは、岩手県一関市で1964年に創業した木材やオリジナル家具などを販売している木のお店です。地元岩手を始め、国内産・海外産の無垢材、一枚板、銘木など豊富に取り揃えております。当店自慢の木材を使ったスピーカーや時計などのオリジナル家具の販売、ご自宅や店舗に合わせたオーダー家具の制作も承っております。

〒029-0132
岩手県一関市滝沢字鶴ヶ沢7-53

0191-21-1131

0191-21-1136

平日 9:00~17:00
土曜日 9:00~12:00
定休日:日曜日/祝日