無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく 木の店さんもくは、岩手県一関市で1964年に創業した木材やオリジナル家具などを販売している木のお店です。地元岩手を始め、国内産・海外産の無垢材、一枚板、銘木など豊富に取り揃えております。当店自慢の木材を使ったスピーカーや時計などのオリジナル家具の販売、ご自宅や店舗に合わせたオーダー家具の制作も承っております。

お買い上げいただいた一枚板を ”整えて” 出荷しています。

 

ご購入から出荷するまで

一枚板を整える作業があります。

 

整え方は一枚板の状況によって

ひとつひとつ塗り回数など若干の違いがあるのですが、

今回は実際にお買い上げいただいた木曽ヒノキ一枚板の整えと出荷までの流れを

紹介していきます。

 

 

 

 

お買い上げいただいた木曽ひのき一枚板

 

 

 

お買い上げ頂いた一枚板の整え作業と出荷までの流れを動画でも紹介しています。

ぜひこちらもご覧ください。

 

 

倉庫で展示販売、ネットにて掲載販売されている一枚板は

オイルを一回だけ塗った状態で保管されています。

 

展示保管を目的としているので

オイルを一回だけ塗ることで

実際にお使いになるオイル塗装の一枚板がご覧いただける。

一枚板に汚れが付いても木の中に染み込みにくくなる。

一枚板がゆっくり呼吸できるので、環境に馴染みやすい。

と考えています。

 

 

両面サンディングします。

基本仕上がっている一枚板なのでさっとやる程度ですが

これをすることでその後のオイル塗装がいい感じで仕上がるので

必要な作業だと考えています。

 

 

 

耳の整えには

浮造り(うづくり)の機械、ホイールサンダーを使って

ブラッシング加工で整えていきます。

その後に紙ヤスリでさっと耳と木口をサンディングします。

 

 

 

オイル塗装に使っているもの

 

保管用の塗装と仕上げ用の塗装は分けていて

出荷前の整え作業に使うオイル塗料は

オスモカラー「カウンタートップ 5分ツヤ」を使っています。

 

オスモカラーのこちらの塗料はテーブルやカウンターなどの塗料として特化していて

いつも保管用に使っているオスモカラー「エキストラクリアー」よりも粘度があって

テーブル生活にはつきものの汚れ、特に輪染みなどの跡が付きにくく

塗り増しするごとに見た目でもツヤ感が違うほどです。

 

 

 

サンディングが終わったあとのオイル塗装一回目。

 

動画を見るとわかると思いますが、「カウンタートップオイル」は粘度が高く

薄く塗り伸ばすにはいつものオイル塗装よりも塗るのが大変で体力を使います。

 

 

 

 

 

木裏から塗り始めて、木表面、両木口、耳と全面塗っていきます。

 

 

 

 

 

木裏面と両木口、耳の塗装は一回塗りの塗装になります。

 

 

 

一回目の塗装完了

 

 

 

 

 

木表面はここから増し塗りになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3回目の塗装 基本は一日一塗装という感じでいくと三日目に3回目の塗装となります。

 

季節や天気などによって乾燥期間は違ってきますが、

基本は一日一回で

夏季間や天気の良い日などは朝塗って、夕方塗って、という風に

一日に2回塗装することもあります。

 

基本は薄く薄く伸ばして塗っていくので

塗ったそばから指にしっとり付くくらいが理想で、塗り残し(塗り過ぎ、厚塗り)はNGと考えています。

 

 

 

 

 

塗り重ねとしていくと、3回目くらいからツヤ感が一段違って見えてきます。

そこが完了の合図とみています。

通常だいたいは3回くらいでいい感じになってきます。今回も3回目で塗り増しは終了です。

 

そのあとは塗り増ししても大きな変化はそれほど見られないので、

だいたいこのくらいの感じで塗り増し作業を行っています。

 

 

 

梱包作業

 

あまり見せるところではないところかもしれませんが、

出荷作業の最後の仕事は「梱包・荷造り」になります。

 

 

通常は貨物便による運送でお届けしています。

梱包はエアクッションに巻き段ボールを巻いて

ワラ縄を用いて荷造り作業をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お買い上げいただいた一枚板を整えた後、

梱包して発送という流れを紹介しました。

 

サンディングしてオイル塗装がメインの作業になります。

日程的にはだいたい4~7日ほどで発送することが多いです。

オイル塗装も季節や天気などで左右されることもありますし、

塗る回数も3回が平均ですが、一枚板によってはさらに塗る場合もあります。

 

そのような作業を経て

みなさんのところへ一枚板をお届けしております。

 

 


 

 

 
毎月第3木曜日に「さんもくデー」というセールも実施しています(第3木曜=3木=さんもく!と覚えて下さい)。
 
フォロワーになるとイベント案内などお知らせします。

「さんもくデー」の詳細は、セールが近くなりましたらブログ記事でお知らせしています。

 

 

 

 

 

一枚板はこんな風に使われています【一枚板の作品&使用事例】
https://kinomisesanmoku.co.jp/blog/29283/

【一枚板の納品事例】こんな風に使われています。

 

 

 

木の店さんもく 一枚板の販売サイト【商品一覧】
https://kinomisesanmoku.co.jp/products_cat/%e4%b8%80%e6%9e%9a%e6%9d%bf/

 

 

 

関連記事

無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく

無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく

木の店さんもくは、岩手県一関市で1964年に創業した木材やオリジナル家具などを販売している木のお店です。地元岩手を始め、国内産・海外産の無垢材、一枚板、銘木など豊富に取り揃えております。当店自慢の木材を使ったスピーカーや時計などのオリジナル家具の販売、ご自宅や店舗に合わせたオーダー家具の制作も承っております。

屋号 さんもく近江銘木株式会社
住所 〒029-0132
岩手県一関市滝沢字鶴ヶ沢7-53
電話番号 0191-21-1131
営業時間 平日 9:00~17:00
土曜日 9:00~12:00
定休日:日曜日/祝日
代表者名 近江 謙利
E-mail info@kinomisesanmoku.co.jp

無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく 木の店さんもくは、岩手県一関市で1964年に創業した木材やオリジナル家具などを販売している木のお店です。地元岩手を始め、国内産・海外産の無垢材、一枚板、銘木など豊富に取り揃えております。当店自慢の木材を使ったスピーカーや時計などのオリジナル家具の販売、ご自宅や店舗に合わせたオーダー家具の制作も承っております。

〒029-0132
岩手県一関市滝沢字鶴ヶ沢7-53

0191-21-1131

0191-21-1136

info@kinomisesanmoku.co.jp

平日 9:00~17:00
土曜日 9:00~12:00
日曜日/祝日 9:00~12:00 
※予定が変更になる場合がございます。事前にお問い合わせいただけますと、たすかります。