無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく 木の店さんもくは、岩手県一関市で1964年に創業した木材やオリジナル家具などを販売している木のお店です。地元岩手を始め、国内産・海外産の無垢材、一枚板、銘木など豊富に取り揃えております。当店自慢の木材を使ったスピーカーや時計などのオリジナル家具の販売、ご自宅や店舗に合わせたオーダー家具の制作も承っております。

カウンターには薄い、、、杉一枚板

 

 

 

巾600㎜、厚みが21㎜「カウンターには薄い杉一枚板」

 

 

 

 

杉一枚板

2200×600×21㎜

 

 

厚みが21㎜ほどの

薄い杉一枚板

 

カウンターなどに使うのには

すこし敬遠されていたので

なかなか

行き先が決まらず

長い間倉庫にいました。

 

 

 

 

袖壁として使われる

 

巾が600㎜あり

そこそこ広い一枚板

 

今回お客様のところで

袖壁として

使われることになりました。

 

 

プレーナーを掛けて

表面を凹凸のある

浮造り仕上げにしました。

 

 

 

 

全体的に杢がのっていて

カウンターなど

寝かせて使うより

袖壁にして

使うのは

 

この一枚板の

良いところを最大限に

発揮できる使い方に

なりそうです。

 

 

 

 

 

パテ埋め補修なども必要でしたが

雰囲気を損なわずに

自然な感じがで

景色になってくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

オイル仕上げ

 

いつものように

植物油の自然塗料

オスモカラーで

塗装をします。

 

 

 

 

赤身で身が詰まった一枚板ですが

やはり杉です。

 

オイルをたっぷり吸いこんで

一気に深い濡れ色に変化しました。

 

 

 

 

 

浮造り仕上げも手伝い

杢も立体的に見えます。

 

 

 

 

 

 

 

杢目がなんとなく

ブックマッチの

ハギ合わせのようにも見えますが

 

正真正銘の一枚板です。

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

一枚板は

カウンターや棚板

テレビ台など

横に寝かせて使うことが

圧倒的に多いです。

 

そういう視点でみると

今回の杉一枚板は

厚みの面で

薄い印象があり

 

カウンターなどに使うには

少し頼りなく思われて

敬遠されていましたが、

 

建てた状態で

袖壁という

使い方で

 

厚みの不安は

解消され

 

この一枚板の

杢目の躍動を

 

ダイナミックに

見てもらえるような

使いかたになったと

思います。

 

横にしか使えないという

既成概念にとらわれず

アイデア次第で

一枚板が活きる

 

そういった事例の紹介でした。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく

無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく

木の店さんもくは、岩手県一関市で1964年に創業した木材やオリジナル家具などを販売している木のお店です。地元岩手を始め、国内産・海外産の無垢材、一枚板、銘木など豊富に取り揃えております。当店自慢の木材を使ったスピーカーや時計などのオリジナル家具の販売、ご自宅や店舗に合わせたオーダー家具の制作も承っております。

屋号 さんもく近江銘木株式会社
住所 〒029-0132
岩手県一関市滝沢字鶴ヶ沢7-53
電話番号 0191-21-1131
営業時間 平日 9:00~17:00
土曜日 9:00~12:00
定休日:日曜日/祝日
代表者名 近江 謙利
E-mail info@kinomisesanmoku.co.jp

無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく 木の店さんもくは、岩手県一関市で1964年に創業した木材やオリジナル家具などを販売している木のお店です。地元岩手を始め、国内産・海外産の無垢材、一枚板、銘木など豊富に取り揃えております。当店自慢の木材を使ったスピーカーや時計などのオリジナル家具の販売、ご自宅や店舗に合わせたオーダー家具の制作も承っております。

〒029-0132
岩手県一関市滝沢字鶴ヶ沢7-53

0191-21-1131

0191-21-1136

平日 9:00~17:00
土曜日 9:00~12:00
定休日:日曜日/祝日