無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく 木の店さんもくは、岩手県一関市で1964年に創業した木材やオリジナル家具などを販売している木のお店です。地元岩手を始め、国内産・海外産の無垢材、一枚板、銘木など豊富に取り揃えております。当店自慢の木材を使ったスピーカーや時計などのオリジナル家具の販売、ご自宅や店舗に合わせたオーダー家具の制作も承っております。

一枚板カウンター&テーブルの試着【テーブルフィッティングスペース】

一枚板のテーブルやカウンターを

”試着する感覚”

フィッティングスペースを造りました。

 

 

 

このテーブルはどうだろう?

座ってみて、高さはどうだろう?

 

 

テーブルに触れてみて

サイズの確認

椅子に座ってみて

 

 

実際の生活に近い感覚で

テーブル選びができるスペースを

造ってみました。

 

 

 

倉庫の中に設置するので

どれくらいの大きさのスペースにするか

悩んだのですが、

 

3600×2500

6帖より少し小さいくらいの大きさです。

 

 

 

 

 

 

大工さんにお願いして

造ってもらいます。

 

 

材料はだいたい

倉庫にあるので

 

 

いろいろ

検討しながら

 

どこに何を使うか

実物をあてがいながら

決められるのは

とてもよかったです。

 

 

 

 

 

 

 

フローリングを張って行きます。

 

床に使うフローリングは

栗フローリングにオイル仕上げしたものです。

 

 

 

 

 

 

 

朝鮮張り

 

 

 

せっかく無垢フローリングを張るのであれば

やってみたい床の張り方があったので

大工さんにお願いしてみました。

 

 

 

それが

朝鮮張り

というフローリングの張り方です。

 

 

 

 

 

 

朝鮮張りの特徴である

横木に

カリンのフローリングを使って

アクセントにしました。

 

 

 

横木の間隔は1820㎜で

栗フローリングの長さを

そのまま利用しました。

 

 

 

横木の間隔が1820(6尺)なので

 

テーブルやカウンターを

フィッティングする際の

ガイド(物指し)としても

利用できます。

 

 

 

 

 

 

 

壁をつくる

 

 

生活空間をイメージするための

スペースなので

 

壁が欲しいところですが、

 

四方すべて壁にすることもできないので

 

 

 

隅の一部に壁を

立ち上げることにしました。

 

 

 

 

 

壁の下地

 

下に並べてるのが

壁面に使う材料です。

 

これは

様々な無垢フローリングを

さっとカットしたり

荒木の板材だったり

 

最近よく見かける

凸凹壁の

オリジナル版です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

床の間に、、、

 

凸凹壁が終わり

もう片側の壁は

杉の羽目板の表面を

ナグリ加工した板を

使うことなりました。

 

 

 

 

 

ナグリ加工の板と

何もしていない板を

交互にして

壁面にしてみます。

 

 

 

 

 

 

 

なんとなく和のテイストが

強くなった気がしてきました。

 

 

まったく予定していなかったのですが、

ここまで来たら

 

 

なにか床柱的なものを

付けてみてはどうかと

いうことになり、

 

 

香節という皮付きの丸太を

あてがってみたところ

これはもしかして、、

いいかも。

 

ということになり

 

 

 

茶室の床柱などに

使われる

皮付き丸太

 

奈良県吉野産の

香節(こぶし)丸太です。

 

 

 

オイルでサッと

表面を塗って

濡れ色をつけてみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

織部板

 

 

同時進行で

もうひとつアイテムを

製作します。

 

 

夏に秋田銘木市場で仕入れた

神代杉

 

 

 

 

これを巾詰めして

オイルで塗装

 

巾3寸(9㎝)にカットしました

 

 

 

 

オイルを塗って

グッと深い濡れ色になりました。

 

 

 

 

竹釘を打ち込みます。

 

 

古田織部(おりべ)が考案したと

言われるオリベ板

 

 

床の間が無い茶室に

軸掛けの板を貼り付けて

 

簡易的な

床の間をつくったと言われる

 

織部床(おりべどこ)という床の間の

ひとつの形式です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皮付きの柱を取り付けます。

 

 

柱を取り付けたとたんに

奥行がでてきて

それだけで

床の間の懐(ふところ)が

あらわれました。

 

 

 

 

 

 

 

トチの一枚板を使って

床の間の

落し掛けに見立てます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

茶室の役釘

 

 

フィッティングスペース

というより

床の間づくりのような

感じになってしまいましたが

 

ここまできたら

茶室に使う

役釘も打ちましょう

 

ということに。

 

 

柱に

花生け釘(花釘)を打ちます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして床の間の壁に

中釘(無双釘)を打ちます。

 

 

 

床中の無双中釘は

出し入れができます。

 

 

 

 

 

 

 

床柱の花釘は

床中の中釘よりも

少し高い位置に打ちます。

 

 

 

 

季節柄

稲刈りのシーズンでしたので

 

稲穂の花入れを

中釘に飾りました。

 

 

 

床柱にの花釘に掛けると

こんな感じになります。

 

 

 

 

 

 

完成~実際にテーブルを置いてみる

 

 

テーブルを置いてみて

全体の感じが出ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

以前からやろうやろうと

思っていた

テーブルフィッティングスペース

 

ようやく形になり

 

これから

お客さんにも

実際に近い感じで

 

テーブルに座ったりして

感覚をイメージに

近づけていってもらえたらと

思います。

 

 

 

関連記事

無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく

無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく

木の店さんもくは、岩手県一関市で1964年に創業した木材やオリジナル家具などを販売している木のお店です。地元岩手を始め、国内産・海外産の無垢材、一枚板、銘木など豊富に取り揃えております。当店自慢の木材を使ったスピーカーや時計などのオリジナル家具の販売、ご自宅や店舗に合わせたオーダー家具の制作も承っております。

屋号 さんもく近江銘木株式会社
住所 〒029-0132
岩手県一関市滝沢字鶴ヶ沢7-53
電話番号 0191-21-1131
営業時間 平日 9:00~17:00
土曜日 9:00~12:00
定休日:日曜日/祝日
代表者名 近江 謙利
E-mail info@kinomisesanmoku.co.jp

無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく 木の店さんもくは、岩手県一関市で1964年に創業した木材やオリジナル家具などを販売している木のお店です。地元岩手を始め、国内産・海外産の無垢材、一枚板、銘木など豊富に取り揃えております。当店自慢の木材を使ったスピーカーや時計などのオリジナル家具の販売、ご自宅や店舗に合わせたオーダー家具の制作も承っております。

〒029-0132
岩手県一関市滝沢字鶴ヶ沢7-53

0191-21-1131

0191-21-1136

平日 9:00~17:00
土曜日 9:00~12:00
定休日:日曜日/祝日