無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく 木の店さんもくは、岩手県一関市で1964年に創業した木材やオリジナル家具などを販売している木のお店です。地元岩手を始め、国内産・海外産の無垢材、一枚板、銘木など豊富に取り揃えております。当店自慢の木材を使ったスピーカーや時計などのオリジナル家具の販売、ご自宅や店舗に合わせたオーダー家具の制作も承っております。

一台のテーブルを2台に!?

分厚い杉盤から2枚共木のテーブル天板

 

 

 

お客様が長年お持ちになっていた

杉のテーブル板

 

だいぶ前に親戚から

お祝いでいただいたとのこと。

 

 

 

最初のころは使っていたそうですが、

厚みが13㎝ほどあり

とにかく重く

 

だんだん

使われなくなって

 

家の隅に追いやられて

しまったそうです。

 

 

 

 

こちらが

その杉の厚い盤のテーブルです。

 

 

 

 

 

  

なかなか

重量感があります。

 

 

 

 

 

なんとかならないものかと

当店に相談に来られたのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

テーブルを2台造りましょう

 

ご依頼人の自宅へ伺い

実物を拝見させてもらいました。

 

 

聞くところによると

地元の杉らしく

 

 

みるからに御神木のように

かなり古くからその土地に

鎮座していた巨木ようです。

 

 

一枚板は

樹齢が高く、木目もとても

細かく目が詰んでいました。

 

 

13㎝の厚みがあることは

あらかじめ聞いていたのですが

 

 

芯持ち材だったら

難儀だなあ、、

 

という

一抹の不安も消し飛ぶほどの

 

芯からだいぶ離れた

立派な芯去り材でした。

 

 

 

 

この13㎝ある分厚い板を

挽き割って

 

2枚の天板で

二台分のテーブルを造ることになりました。

 

 

 

 

 

 

製材所にて

 

 

これも前もって

確認していたことなのですが、

 

 

13㎝という厚みって

製材できるかどうかの

微妙な厚みなのです。

 

 

 

製材機についている

材料を固定するための

爪があるのですが、

 

 

板が薄いと爪が刺さらないので

製材できないことがあるのです。

 

製材所に確認したところ

なんとかいけるということで

GOとなりました。

 

 

 

 

 

製材所に持ち込まれた

分厚い杉の盤

1600×700~800×130㎜

 

 

テーブルとして使われていたことが

うかがえるように、

 

全面にしっかりと

ウレタン塗装がされています。

 

 

 

 

なんとか製材機に固定できて

半分の厚みに製材中

 

 

 

 

 

 

うまく製材できて二枚の板になりました。

広い方の板は

90㎝ほどあります。

 

 

 

5年以上の乾燥材ですが、

製材後に

板が空気を吸って多少動くことがあるので

少し日数を置きます。

 

 

それから

両面プレーナーで平らに削り

 

サンダーで磨き上げます。

 

 

 

 

 

オイル仕上げ

 

樹齢の高い杉で

脂分も多く含まれている感じなので

経年の変化を存分に楽しめそうです。

 

 

 

 

ということで

仕上げの塗装は

木と相性がよく

 

 

木の良さを存分に引き出してくれる

植物油の自然塗料を

提案したところ

快諾していただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一枚塗ってみたところ

 

素晴らしい濡れ色で

杢もはっきりと浮き出て

躍動しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

左がオイル仕上げ。右が無塗装

 

 

 

 

 

 

 

残りの一枚いも塗っていきます。

 

 

 

 

 

 

テーブルの脚にも塗装します。

 

 

 

 

 

真ん中の欠き込みには

本革を張り付けています。

 

 

 

 

 

 

 

完成&納品

 

 

塗装の濡れ色も

変わらず

しっかり出ています。

 

 

 

 

雰囲気あるテーブル天板になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脚にある欠き込みに

天板を落としこんで

衝立(ついたて)としても

使うことができます。

  

 

 

形のおもしろい一枚板なので

衝立にしたときの

映りもとてもよく

存在感があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

お話を伺い

実物の杉板を拝見して

 

2台のテーブルを製作する

提案をさせていただきました。

 

 

 

厚盤が芯去り材だったことが

今回の成功の大きな決め手

だったと思います。

 

 

 

芯が入っている板の場合

 

2枚にすることで

それぞれの板が薄くなり

 

芯の影響で大きく割れるか

反るという危険性がありました。

 

 

 

実物を見ることで

不安も解消して

これならいける、

となりました。

 

 

 

今までの重い天板とは違い、

 

2枚になったことで

だいぶ軽くなり、

 

ご主人と奥様でも

持ち上げることができて、

移動もそれほど大変では

なくなると思います。

 

 

 

テーブルとして使い

衝立として使い

 

いろいろな場面で

空間を演出してくれる

素敵な一枚板です。

 

 

 

関連記事

無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく

無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく

木の店さんもくは、岩手県一関市で1964年に創業した木材やオリジナル家具などを販売している木のお店です。地元岩手を始め、国内産・海外産の無垢材、一枚板、銘木など豊富に取り揃えております。当店自慢の木材を使ったスピーカーや時計などのオリジナル家具の販売、ご自宅や店舗に合わせたオーダー家具の制作も承っております。

屋号 さんもく近江銘木株式会社
住所 〒029-0132
岩手県一関市滝沢字鶴ヶ沢7-53
電話番号 0191-21-1131
営業時間 平日 9:00~17:00
土曜日 9:00~12:00
定休日:日曜日/祝日
代表者名 近江 謙利
E-mail info@kinomisesanmoku.co.jp

無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく 木の店さんもくは、岩手県一関市で1964年に創業した木材やオリジナル家具などを販売している木のお店です。地元岩手を始め、国内産・海外産の無垢材、一枚板、銘木など豊富に取り揃えております。当店自慢の木材を使ったスピーカーや時計などのオリジナル家具の販売、ご自宅や店舗に合わせたオーダー家具の制作も承っております。

〒029-0132
岩手県一関市滝沢字鶴ヶ沢7-53

0191-21-1131

0191-21-1136

平日 9:00~17:00
土曜日 9:00~12:00
定休日:日曜日/祝日