無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく 木の店さんもくは、岩手県一関市で1964年に創業した木材やオリジナル家具などを販売している木のお店です。地元岩手を始め、国内産・海外産の無垢材、一枚板、銘木など豊富に取り揃えております。当店自慢の木材を使ったスピーカーや時計などのオリジナル家具の販売、ご自宅や店舗に合わせたオーダー家具の制作も承っております。

オスモカラー【フロアークリアーで一枚板を塗装】

カエデ一枚板のオイル仕上げ【オスモカラー】

 

 

 

岩手県産の

カエデ一枚板に

仕上げのオイルを

塗ります。

 

 

一枚板に仕上げる際に

あらかじめ

オイル仕上げをしていたのですが、

 

 

出荷前に

もう一度

 

場合によっては

さらにもう一回と

オイルを塗っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

植物油の自然塗料オスモカラー

 

 

 

オスモカラーの中で

一番基本的な塗料が

エキストラクリアーという

オイルになります。

 

 

 

 

 

 

エキストラクリアー

基本は住宅などの建築

内装の木部の保護塗料として

使われます。

 

 

壁や柱、天井につかう

クリアー仕上げ塗料です。

 

 

わたしたちは

一枚板に塗るときは

 

最初の一回目に

このエキストラクリアーを

塗っています。

 

 

 

 

そして

2回目以降は

 

さらに

ワックス成分の多い

フロアークリアーエクスプレス

床用のオイルを

塗ることにしています。

 

 

 

カウンターやテーブル天板に

増し塗りする場合は

3分ツヤ#3332
フロアークリアーエクスプレスが

ワックス分が豊富で

おすすめです。

 

 

 

 

 

フロアークリアーを塗装しています。

 

 

 

 

 

 

オスモカラーは塗り増しで効果UP

 

 

2回、3回と

フロアークリアーを塗り重ねていくことで

よりワックス分が厚くなり

艶も出てきます。

 

撥水効果も高まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

厚塗りはNG

 

 

オスモカラーの塗り方の基本は

とにかく

薄く薄く、延ばして塗ること。

 

 

 

厚塗りなどによる塗り過ぎはNGです。

 

唯一の失敗例といっても

言い過ぎではないほど

失敗は

厚塗りによる乾燥不足のようです。

 

 

 

厚く塗り過ぎて

塗料が乾かないのです。

 

 

 

そして

さらに生乾き状態が続き

ひどいときには

水あめをまいたように

ベタベタになって

しまうこともあります。

 

 

オスモカラーをはじめ

浸水系のオイル塗装では

 

塗り過ぎて良いことは

一つもありません。

 

 

 

 

 

 

 

薄く塗っていけば

乾きも早く

2回目以降は

重ね塗りによって

効果は上がっていきます。

 

 

 

私たちは

一枚板のテーブルで

平均すると3回~4回の

塗装をしています。

 

 

 

青森ひばのような

最初から脂分が多い木には

2回ほどの塗装で終了することもあります。

 

 

 

 

一枚板が自分で艶を出すまでの保護塗料

 

 

植物油の塗料は

永久に効果を期待できる

ものではありません。

 

 

 

あくまで保護塗料と

お考えください。

 

 

 

一枚板に塗ることで

最初の何年かは

オイルによる保護塗装で

汚れ防止や撥水効果が

ありますが、

 

だんだんと効果は薄れてきます。

 

 

 

今度は

一枚板自身から

厚みの分、樹齢の分

木の中から艶成分を

出してきてくれます。

 

 

 

 

そこから

時を経ていくごとに

エイジングされていき

古道具のような

渋さがでてきます。

 

 

 

オイルとは

木が本来の力を

出し始めるまでの

保護塗料なのです。

 

 

 

 

木材には植物油がおススメです。

 

 

植物油は

同じ植物系である木材と

相性が良いので

おすすめします。

 

 

 

逆に革製品には

ミンクオイルや

マトンオイルなどの

動物性の油が

合うように思います。

 

 

 

それぞれの

良さと相性があるので

使い分けてみては

いかがでしょう。

 

 

 

 

 

 

関連記事

無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく

無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく

木の店さんもくは、岩手県一関市で1964年に創業した木材やオリジナル家具などを販売している木のお店です。地元岩手を始め、国内産・海外産の無垢材、一枚板、銘木など豊富に取り揃えております。当店自慢の木材を使ったスピーカーや時計などのオリジナル家具の販売、ご自宅や店舗に合わせたオーダー家具の制作も承っております。

屋号 さんもく近江銘木株式会社
住所 〒029-0132
岩手県一関市滝沢字鶴ヶ沢7-53
電話番号 0191-21-1131
営業時間 平日 9:00~17:00
土曜日 9:00~12:00
定休日:日曜日/祝日
代表者名 近江 謙利
E-mail info@kinomisesanmoku.co.jp

無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく 木の店さんもくは、岩手県一関市で1964年に創業した木材やオリジナル家具などを販売している木のお店です。地元岩手を始め、国内産・海外産の無垢材、一枚板、銘木など豊富に取り揃えております。当店自慢の木材を使ったスピーカーや時計などのオリジナル家具の販売、ご自宅や店舗に合わせたオーダー家具の制作も承っております。

〒029-0132
岩手県一関市滝沢字鶴ヶ沢7-53

0191-21-1131

0191-21-1136

平日 9:00~17:00
土曜日 9:00~12:00
定休日:日曜日/祝日