無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく 木の店さんもくは、岩手県一関市で1964年に創業した木材やオリジナル家具などを販売している木のお店です。地元岩手を始め、国内産・海外産の無垢材、一枚板、銘木など豊富に取り揃えております。当店自慢の木材を使ったスピーカーや時計などのオリジナル家具の販売、ご自宅や店舗に合わせたオーダー家具の制作も承っております。

古い座卓を激変リメイク

杉一枚板座卓をダイニングテーブルにリメイクしました。

 

 

 

メールからのお問い合わせで

座卓の画像を

送っていただきました。

 

 

 

こちらの座卓を

イスで使用する

ダイニングテーブルに

再利用できないか、

 

という

お問い合わせです。

 

 

 

 

 

 

座卓からダイニングテーブルへ

 

実際に座卓を持ってきて

見せていただきました。

 

 

天板のサイズは

長さ1300

巾450~600くらい

厚み90㎜

 

年輪巾が狭く

芯からも遠い位置の

良質な一枚板です。

 

 

こちらの座卓から

イスで使うダイニングテーブルに

リメイクする方向で

話がすすみました。

 

 

板の厚みが90㎜、

9㎝という

かなり厚めな一枚板なので

 

デザイン的な話で

板を削ったりして

もう少し

薄くすることはできないか

との

お話しもありました。

 

 

芯去りで年輪幅が狭い板と

いうこともあり、

製材で薄い板

2枚に挽き割って

メインのテーブルと

その他なにかに使う板

が取れることを提案しました。

 

厚みが90㎜なので

失敗する不安もありましたが

 

メインの板を厚めにとって

その残り

という感じで

製材することにしました。

 

 

 

 

作業開始

 

 

早速作業に入ります。

まずは

取り付いていた脚を外していきます。

 

 

 

 

 

製材で2枚に割る

 

 

製材所では

固くて厚い塗膜の塗装を

ある程度剥がすこと、

 

そして

この厚い板を

2枚に挽き割るという

難関に挑みます。

 

 

 

両耳がついている板なので

不安定な板を立てた状態で

製材機に据えるのが難しく

難儀しました。

 

 

 

 

今回の一連を動画で配信しています。

 

 

 

 

 

 

なんとか希望通りに

挽くことができて

一安心です。

 

 

 

 

 

ダイニングテーブルに仕上げる

 

2枚に挽き割ったうちの

メインの一枚板を

ダイニングテーブルに仕上げていきます。

 

 

グラインダーで耳を整えています。

 

 

 

 

 

脚の誤算

 

 

当初、打ち合わせで決まったアイアンの脚は

トラペゾイドという台形タイプの脚だったのですが、

 

 

 

製材で挽き割って

ダイニングテーブルの天板にする

一枚板の巾が狭くなっていることを

うっかり見落としてしまっていました。

 

 

 

脚の巾が天板の巾を

超えてしまって

使うことができないことがわかりました。

 

 

依頼主は

ダイニングテーブルとベンチの脚を

逆台形のアイアン脚で統一することを

希望されていたので

 

このことを伝えると

予定の変更に

とても残念がられており

大変申し訳なかったです。

 

しかし

こちらのミスを責めることなく

板の巾に合わせる脚の提案を

受け入れていただきました。

 

 

 

こちらの脚になりました。

 

 

 

 

 

テーブル天板仕上げ

 

ダイニングテーブルの天板

表面をブラッシングで

浮造り(うづくり)仕上げにします。

 

今回の杉板は

年輪巾が細かく

冬目が硬いので

うづくり仕上げすると

細かい凹凸の手触りが

楽しめると思います。

 

 

 

 

 

オイル仕上げ

 

塗装はいつもの

植物油の自然塗料オスモカラーで

オイル仕上げします。

合計4回塗りました。

 

 

 

 

 

ベンチ&スツール

 

製材で2枚に挽き割った板の

薄い方を使って

ベンチ1台とスツール2台の天板にします。

 

 

 

 

 

 

ベンチの天板に

アイアン脚を取り付け

 

 

 

 

 

スツールの脚を取り付け

 

 

 

 

 

既製品の脚にプラスα

 

 

ダイニングテーブルに予定していた

脚のデザインが変わってしまったので

ただ取り替えるだけでなく

何か、ひとつ

この材でやってみようと思いました。

 

 

 

倉庫にあった

ケヤキの材料です。

実はコレ

床の間に使われる部材

 

  塗装を剥がして

形をつくってオイルで仕上げます。

 

この部材は

アイアンの脚の下に取り付けます。

 

 

 

 

完成

 

なかなか大変な仕事でしたが、

上手くまとまったように思います。

 

その理由としては

このようなリメイクに耐えられる

良質な一枚板だったことが言えると思います。

 

 

 

 

 

 

お客様へ納品

 

お客様のもとへ

無事納品となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく

無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく

木の店さんもくは、岩手県一関市で1964年に創業した木材やオリジナル家具などを販売している木のお店です。地元岩手を始め、国内産・海外産の無垢材、一枚板、銘木など豊富に取り揃えております。当店自慢の木材を使ったスピーカーや時計などのオリジナル家具の販売、ご自宅や店舗に合わせたオーダー家具の制作も承っております。

屋号 さんもく近江銘木株式会社
住所 〒029-0132
岩手県一関市滝沢字鶴ヶ沢7-53
電話番号 0191-21-1131
営業時間 平日 9:00~17:00
土曜日 9:00~12:00
定休日:日曜日/祝日
代表者名 近江 謙利
E-mail info@kinomisesanmoku.co.jp

無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく 木の店さんもくは、岩手県一関市で1964年に創業した木材やオリジナル家具などを販売している木のお店です。地元岩手を始め、国内産・海外産の無垢材、一枚板、銘木など豊富に取り揃えております。当店自慢の木材を使ったスピーカーや時計などのオリジナル家具の販売、ご自宅や店舗に合わせたオーダー家具の制作も承っております。

〒029-0132
岩手県一関市滝沢字鶴ヶ沢7-53

0191-21-1131

0191-21-1136

平日 9:00~17:00
土曜日 9:00~12:00
定休日:日曜日/祝日