無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく 木の店さんもくは、岩手県一関市で1964年に創業した木材やオリジナル家具などを販売している木のお店です。地元岩手を始め、国内産・海外産の無垢材、一枚板、銘木など豊富に取り揃えております。当店自慢の木材を使ったスピーカーや時計などのオリジナル家具の販売、ご自宅や店舗に合わせたオーダー家具の制作も承っております。

FAQ

一枚板一般に関するよくあるご質問

  • Q 無垢材・天然木とは何ですか?

    弊社では、集成材やベニア材、突板(つきいた)ではない木材を無垢材・天然木として紹介しています。

  • Q どちらかというと柔らかい木材(傷が付きやすい)、どちらかというと硬い木材(傷が付きにくい)などはありますか?

    あくまで一般論ではあるのですが、剛性を重視する建築材としてではなく、手や足に触れる木材として考えた場合、スギ・サワラ・ヒノキ・キリ・ヒバ・ネズコ、などは比較的柔らかめではあります。しかし傷が付きやすくても、傷が目立ちにくいという傾向もあります。固い木としては、ケヤキ・ナラ・サクラ・エンジュ・カシの木・ハンノキ(アルダー)・オニグルミ・ニレ・ブラックウォールナット・カエデ・黒檀・紫檀・ブビンガ・カリン・チークなどが挙げられます。固い木の特徴は、逆に傷が目立つことがあります。どんな木でも必ず傷は付くものですし、中間的な硬さのものもあります。経験的なお話としては、クリ・キハダ・セン・カツラ・トチ・イチョウ・ヤナギ・シナ・マツ(全般)は、固いとも柔らかいとも言えないと考えています。また、弊社では使用中に傷が付いていくことも「味わい」として楽しんでいただけるような一枚板を主に取り扱っています。

  • Q 高樹齢の一枚板には、どんな特徴があるのでしょうか?

    300年育った木は、材料になっても300年持つ、と言われることがあります。老木になればなるほど年輪が緻密になり、年を重ねれば重ねるほどクセがなくなっていくからです。動きがゆるやかになり、存在感が出てくるのは人間と同じように思います。例外はありますが、白太が赤身に変わっていき、赤身は新陳代謝が低くなっているため動きにくくなります。しかしカエデ・トチ・イチョウなど老木でも白太が多い木もあります。また高樹齢の木から次第に滲み出てくる油には、独特の「古道具感」もあります。杉などは高樹齢になるほど、耳にシワができて味わい深いものがあります。樹齢の高い木はクセが少なく、若い木よりも反りや割れにも強いため、弊社ではそうした木を中心にセレクトしています。

  • Q 一枚板と空間のカラーコーディネートで悩んでいるのですが、どのような考え方で選べば良いでしょうか?

    壁と床と天井などはカラーコーディネートが重要なところですが、家具・椅子・タンスなどは「オブジェ」として考えると、カラーコーディネートを難しく考える必要はあまりないと考えています。お店に来られるお客様でも、最終的には空間とのコーディネートよりも、板単体で気に入ったからそれを買うことにした、という方が多く見られます。そのため、経験的にはその板が好きかどうか、で判断するのが良いのではないかと考えています。

  • Q キッチンなど濡れていることが多い環境や、湿度の高い場所などに向かない種類の木などはあるのでしょうか?

    経験的には、洗面所・手洗いカウンター・キッチンなどの水回りに特定の樹種が向かないということはない、と考えています。ただし、例外になるのは常に湿気にさらされている浴室です。浴室、そして屋外はどんな木も向かないということは言えるのです。人間が普通に生活している空間でしたら、水回りであっても板が朽ちることはありませんから、あまり気にされる必要はないと考えます。また、どんな木を使ってもシミなどは入ってきます。適切なお手入れをしていくことが前提ではありますが、環境によって樹種を選ぶ必要はないでしょう。ちなみにかつてはヒノキやヒバなどの赤身のものが腐りにくい、と言われていたことはあり、お風呂場では青森ヒバなどが珍重されていたことはあります。

  • Q 一枚板の木表(きおもて)と木裏(きうら)はどのように判別するのでしょうか?

    主に耳・木口・節の3つで判別できます。原木は大体バームクーヘンのようなかたちをしていますので、半円の上に面した側が木表になり、すると耳が上を向きます。また、芯に近くなればなるほど節が強く残り、木表のほうでは少なくなることも、手がかりになります。原木の中心から取れる板は、木表とも木裏とも言えないということになります。中心近くから取れた板や、うねりのあるような育ち方をした木からの板は、判別が難しいこともあります。

  • Q いびつな形の板は、そうでない板に比べて強度面で劣ることはあるのでしょうか?

    ありません。建築材として使うのではなく、一枚板としてお使いいただく場合、強度や剛性が劣るといったことはありません。強度は、いびつかどうかということよりも、板の厚みによって決まってきます。

  • Q 「神代杉(じんだいすぎ)」とは何ですか?

    埋れ木(うもれぎ)の一種で、基本的には火山の噴火により、立木の状態で埋もれたもの。数千年〜数万年が経過し、木がギリギリ原型を保っているものをいいます。土石流や火砕流で埋もれたもの、近隣の山が大噴火を起こし、その火山灰で立ったまま埋もれたものなどがあります。宅地造成工事で偶然に発見されることが多く、こうしたものを「神代」といいます(樹種は杉に限りません)。神代に高樹齢の木が多いのは、高樹齢であったが故に腐りにくかったからではないかと推測できます。秋田・鳥海山の神代などは有名です。道路工事などで大量に発見されることがあります。川や湖の下から発見されるものは単に「埋れ木」といいます。どの神代も、焦げ茶〜黒い材面を表すのが特徴で、着色では表現できない独特な色味を持っています。

商品・仕上げに関するよくあるご質問

  • Q 扱っている一枚板は、すべて岩手県産なのでしょうか?

    東北産・国産・海外産の樹種も扱っております。

  • Q 「岩手の一枚板」には、何か特徴があるのでしょうか?

    岩手県は広葉樹が豊かで、市場にも業者さんが全国から買い付けにやってくるほど魅力的な原木がたくさんあります。そのため岩手では「かたち」や「表情」の多い一枚板と出会う機会が多いと考えています。盛岡の原木市場は、東日本随一とも言われる規模を誇ります。

  • Q 一枚板のサイズ表記の読み方を教えてください(例:2100×750~880×56㎜の場合)

    この場合ですと、最初の「2100」が長さ。次は幅で、750mmの部分もあれば、880mmになる部分もあるという意味になります。最後の56mmは、厚みです。長さ・幅・厚みの順番となります。なお、サイズ表記と実物は多少の誤差がある場合もございますので、ご了承ください。

  • Q 一枚板を「置くだけ」で使える脚は、販売していますか?

    木製のテーブル脚の場合、このページでいくつかご用意しております。スチール脚(アイアンレッグ)については、現在のところ取り扱っておりませんので、ホームセンターや通販などで、お客様ご自身でご用意いただいております(収納ボックスに載せるなどのアイデアもございます)。なお気になっている一枚板がございましたら、相性の良さそうな脚をこちらでいくつかご提案させていただくこともできますので、お気軽にご相談ください。

  • Q 置台・ディスプレイ台として使いたいのですが、一枚板を載せる台などは販売していますか?

    お話を聞かせていただき、提案・制作させていただくことも可能です。お気軽にご相談ください。

  • Q 天然木素材の椅子やスツールは販売していますか?

    椅子のみとしての利用を目的としたものではないのですが、プランター・置台・飾り台として使えるベンチなどはこちらのページでいくつかご用意がございます。また、アイアン脚を天板に取り付けるだけのシンプルなものなどをご提案することも可能です。

  • Q 木の店さんもくで販売されている一枚板は、ツヤありでしょうか、それともツヤなしでしょうか?

    特に記載がない限り「五分ツヤ」と呼べるオイルで仕上げ塗装を行っております。しかし無垢材の一枚板は、同じ木の種類、同じ原木から取れた一枚板であっても、個体差があるように感じます。オイル塗装でもその差が現れる場合があり、同じ木でも艶っぽく仕上がることもあれば、しっとりとマットに仕上がる事もあったりと、個体によって様々な仕上がりになることがあります。また、数年・数十年という時間の経過とともに、オイルの効力から、木そのもののツヤが醸し出されていくように思います。

  • Q オイル塗装とありますが、どんなオイルが使われているのですか?

    特別な記載がない場合、当店では「オスモカラー」をオイル仕上げに使用しています。

  • Q 「うづくり(浮造り)仕上げ」とは何ですか?

    板の表面が自然に締まって凹凸が出てくる状態を、手作業で再現する仕上げ方法です。昔は萱などを束ねて加工していたといわれていますが、当店ではホイールサンダーなどを使って仕上げています。特に「杉一枚板」に浮造り仕上げを施すことが多いです。

  • Q どんな時にパテ補修をしていますか?

    板に割れや穴などがあった場合、機能面・使い勝手への影響が大きいのではと思える時にパテ埋めすることがあります。ただ、木の店さんもくとしては、場合によっては一枚板の雰囲気を残すために、あえてパテ補修を施さないこともあります。大きな穴は意匠として、あえてそのまま残す、といったことも、よくあります。

  • Q 接ぎ合わせ(はぎ合わせ)とは何ですか?

    接ぎ合わせは、主に幅の広いテーブルの板を作るために採られることのある手法です。木の店さんもくでは、2枚〜4枚くらいの板をはぎあわせることが多いです。

  • Q 接ぎ合わせ板と一枚板では、強度面での違いはありますか?

    接ぎ合わせは完全無垢な一枚板とは違って、狭い板同士を接着剤を使って接ぎ合わせているため強度的に弱そうな印象を受けられるかもしれませんが、経験的にはテーブルやカウンターなどとして、一般的なご使用の範囲内であれば、特段の強度の差は感じないと思います。こちらの記事で、木の店さんもくでの接ぎ合わせ板の制作事例をご紹介しています。

  • Q プレーナー仕上げとは何ですか?

    荒木素材の一枚板は、乾燥させている過程で割れたり、反ったりします。反った一枚板は、テーブルやカウンターとして使えるようにするために、表面を平らに削って整える必要があります。その作業をプレーナー加工といい、木の表面・裏面をカンナなどで削っていきます。むかしは職人さんが手で平らにしていましたが、最近は機械を使って行っています。

  • Q 販売されている一枚板の色が、写真によって違うのですが?

    撮影時の光源や光の強さ、角度によっても発色が変わってきますし、肉眼で見る実際の一枚板も、光の入り方や見る角度で色や印象が違って見えると思います。そんなところも醍醐味の一つとして捉えていだけると、一枚板をより楽しんでお使いいただけると思います。別アングルでの写真などをご希望の場合は、お気軽にお問い合わせください。

  • Q 商品について電話で質問することはできますか?

    可能です。お電話お待ちしております。

無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく 木の店さんもくは、岩手県一関市で1964年に創業した木材やオリジナル家具などを販売している木のお店です。地元岩手を始め、国内産・海外産の無垢材、一枚板、銘木など豊富に取り揃えております。当店自慢の木材を使ったスピーカーや時計などのオリジナル家具の販売、ご自宅や店舗に合わせたオーダー家具の制作も承っております。

〒029-0132
岩手県一関市滝沢字鶴ヶ沢7-53

0191-21-1131

0191-21-1136

info@kinomisesanmoku.co.jp

平日 9:00~17:00
土曜日 9:00~12:00
日曜日/祝日 9:00~12:00 
※予定が変更になる場合がございます。事前にお問い合わせいただけますと、たすかります。