無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく 木の店さんもくは、岩手県一関市で1964年に創業した木材やオリジナル家具などを販売している木のお店です。地元岩手を始め、国内産・海外産の無垢材、一枚板、銘木など豊富に取り揃えております。当店自慢の木材を使ったスピーカーや時計などのオリジナル家具の販売、ご自宅や店舗に合わせたオーダー家具の制作も承っております。

tokobashira 床柱 とこばしら 

 

 

床の間に使われる床柱

 

 

 

木の店さんもくの倉庫の中にある在庫には

床柱があります。

 

 

 

伝統的な日本住宅には昔から

畳のある座敷があり、1部屋だけではなく

2部屋、3部屋と座敷が何部屋もありました。

 

 

 

その中の一つの座敷には必ず

床の間がありました。

 

 

 

 

 

床柱は担いで運びます。

 

 

 

倉庫の中に陳列されている床柱を

整理整頓と品質チェックをかねて

在庫整理をしました。

 

 

 

自分たちにとっては当たり前の作業なのですが、

 

来られたお客さんなど、はじめてみる人には

珍しいようで

 

床柱を担ぐ様子を驚いた眼で見られることもあります。

 

 

 

 

 

 

基本的には床柱の移動は

担いでやります。

 

 

 

コツがあって

力(ちから)というよりは

感覚的なバランスで担ぎます。

 

 

 

 

この態勢からプロレスのバックドロップのような感じで

グイっと床柱と共に後ろ方向に

 

 

 

 

 

 

 

 

あとは前後のバランスでこのように担げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして床柱をきれいに陳列していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

床柱の種類

床柱は木の種類からはじまり

長さ、太さ、そして形と

さまざまあります。

 

 

 

 

そして

それに加えて地域性もあり

その地域特有の床柱もみられます。

 

 

 

 

 

 

床柱は縁起の良い木

 

 

 

画像のなかで担いだ床柱は

槐(えんじゅ)という樹種の木です。

 

 

 

 

槐という床柱は東北地方では

なじみのある木です。

 

 

 

 

 

槐という漢字が

「木編」に「鬼」と書くことから

 

木に宿る鬼ということで

外からの邪神を払う

 

守り神のような木とされています。

 

 

 

また「えんじゅ」から「延寿」と

長寿の願掛けも含まれています。

 

 

 

 

 

 

槐の床柱を使った床の間

 

 

 

 

 

槐(えんじゅ)の床柱を使った床の間

 

 

 

左床の間、間口は一間(およそ180㎝)

 

 

横になっているのは

 

下が、床框(とこかまち)

上が、落掛(おとしがけ)

 

と言います。

 

 

 

 

 

こちらは左床の間

右には違い棚のついた床脇(とこわき)があります。

 

 

 

 

 

 

 

床の間の主役は掛け軸

 

 

床柱と床框、落掛は

相撲で言えば大関、関脇、小結

 

といったところで

床柱といえど主役ではありません。

 

 

横綱、すなわち主役は

「掛け軸」になります。

 

 

 

床柱をはじめ

三役が額縁となって

床の間の掛け軸を引き立てます。

 

 

 

 

 

 

床の間を飾るということ

 

 

床の間では

 

その家の主人(お父さん)が

季節の節目、または人生の節目に

自ら床飾りをして

 

おもてなしをしていました。

 

 

 

 

 

床を飾ることによって季節を感じ

 

そして主人の趣味趣向、思想を

表現していました。

 

 

 

 

そしてまたそこにお客様が

飾られた床を観ることによって

 

 

 

主人の心の内を感じ

 

ときには、それが遊び心や

謎かけなどで会話の種となり

 

話に華が咲き、

主人、客の距離感が縮まります。

 

 

 

一服のお茶で客をもてなす

茶道がまさにそうであるように。

 

 

 

 

床の間は日本の昔から

おもてなしだけでなく

 

家族の幸せや、子育てなどにも

通じるところがあります。

 

 

その話はまたの機会に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく

無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく

木の店さんもくは、岩手県一関市で1964年に創業した木材やオリジナル家具などを販売している木のお店です。地元岩手を始め、国内産・海外産の無垢材、一枚板、銘木など豊富に取り揃えております。当店自慢の木材を使ったスピーカーや時計などのオリジナル家具の販売、ご自宅や店舗に合わせたオーダー家具の制作も承っております。

屋号 さんもく近江銘木株式会社
住所 〒029-0132
岩手県一関市滝沢字鶴ヶ沢7-53
電話番号 0191-21-1131
営業時間 平日 9:00~17:00
土曜日 9:00~12:00
定休日:日曜日/祝日
代表者名 近江 謙利
E-mail info@kinomisesanmoku.co.jp

無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく 木の店さんもくは、岩手県一関市で1964年に創業した木材やオリジナル家具などを販売している木のお店です。地元岩手を始め、国内産・海外産の無垢材、一枚板、銘木など豊富に取り揃えております。当店自慢の木材を使ったスピーカーや時計などのオリジナル家具の販売、ご自宅や店舗に合わせたオーダー家具の制作も承っております。

〒029-0132
岩手県一関市滝沢字鶴ヶ沢7-53

0191-21-1131

0191-21-1136

平日 9:00~17:00
土曜日 9:00~12:00
定休日:日曜日/祝日