無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく 木の店さんもくは、岩手県一関市で1964年に創業した木材やオリジナル家具などを販売している木のお店です。地元岩手を始め、国内産・海外産の無垢材、一枚板、銘木など豊富に取り揃えております。当店自慢の木材を使ったスピーカーや時計などのオリジナル家具の販売、ご自宅や店舗に合わせたオーダー家具の制作も承っております。

岩手の一枚板 くりの原木がテーブルになるまで

岩手のくり

 

 

 

くりは岩手にはたくさんあり

馴染みの深い木のひとつです。

 

 

 

地元の古民家でも大きな梁や、大黒柱

こちらでは牛柱、牛持ち柱と言われる

太い柱が使われていることが多いです。

 

 

 

そして、くり土台は昔から

適材として使われてきました。

 

 

 

くりは水に強く、

木材になったあと

紫色の渋がでて、それが防虫効果を

発揮します。

 

 

 

昔は線路の枕木に

クリの木は定番でした。

 

 

 

それほど

耐久性を認められていた木材です。

 

 

 

 

 

 

見て良し

 

 

はっきりした年輪と

ダイナミックな杢目なのに

白太赤身の差がなく、

 

上品なやわらかさがある表情を

持っています。

 

 

 

 

時間の経過とともに

深い渋さを醸し出してくることも

くりの特徴の一つだと思います。

 

 

 

ずっとともに楽しめる木です。

 

 

 

 

 

 

原木の製材

 

 

 

原木市場で仕入れた

くりの原木が製材機に乗って

製材されます。

 

 

 

 

どんな杢目がでてくるのか、

 

割れてないか、節が入るか

腐っていないか、

 

 

ある程度原木の外見で判断はできても

実際にノコを入れて製材してみないと

 

わからないのが正直なところです。

 

 

 

 

 

 

 

たのしい時間

 

何を挽くか

どのように挽くか

どの角度から挽くか

一番の悩みどころでありますが、

 

 

 

じつはワクワクドキドキ

とても楽しい時間だったりします。

 

 

 

木の店さんもくでは

原木の製材では基本は板取りです。

 

 

 

テーブルやカウンターや棚板などになる一枚板を挽いていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

製材された一枚板

 

 

 

毎回製材後に一枚板がたくさん挽かれるたびに

 

動くなよー

割れるなよー

カビ生えるなよー

虫出るなよー

 

と一枚板に言い聞かせます。

 

 

 

 

製材したての一枚板はそれはそれは

 

キレイで瑞々しく

素晴らしい板が次から次へと

出てくるのですが、

 

 

その後の乾燥期間中の

何年かの間に

一枚板に

様々な試練が降りかかります。

 

 

 

 

 

 

製材後の乾燥期間

 

 

乾燥といっても

乾燥室があるわけでもなく、機械を使うわけでも

ありません。

 

 

 

日本の、そして

一枚板が原木の立木だった時代に

育った環境と同じ自然の気候の

なかで乾燥期間をすごすだけです。

 

 

 

 

 

 

風通しが良い場所、日陰であること

湿気が少ない場所など

いくつかの注意点があります。

 

 

 

なかなかその条件がそろった場所が

いくつもあるわけではないので、

 

 

 

そのような好条件の場所に保管できないこともあるので

 

そのかわり

定期的に板を見て

 

カビが生えていないか、割れていないか

大きく反っていないか

チェックします。

 

 

 

ある程度乾燥して

製作できる状態になるまで

これを繰り返し行います。

 

 

自然と愛着がわいてきます。

 

 

 

 

 

乾燥後のチェック

 

 

乾燥がだいぶ進み

一枚一枚確認しながら

 

どのように使うか

見ていきます。

 

 

 

くり一枚板を並べて

これからチェックするところ

 

何年か乾燥して保管していると

木から出る渋(しぶ)やホコリ、日焼け(陰干ししてても日焼けします)

 

 

そして

割れや反りが出ている板も目立ってきます。

 

 

 

 

 

これは一枚板として製材したのですが、

 

 

原木の中心部分を板にしたので

芯があり、それが原因でざっくりと割れました。

 

 

自然と割れて離れたのではなく、

大きく割れたところからバールで引き割りました。

 

 

 

 

この部分は割れた一枚板なので

まったく使い道のない板と思われそうですが、

 

しっかり用途があります。

 

 

 

割れた部分を両サイドにして一枚板を挟み込み

3枚の接ぎ合わせで、広いテーブルを造ります。

 

 

 

 

 

 

割れた板を使うので、更に大きく割れるとか、反るなどの

心配があると思われますが、

 

 

割ったことによって

芯の影響がなくなり、大きく割れたり反ったりする

心配がかなり軽減されるのです。

 

 

 

 

その部分を両サイドにつかって

テーブル板にします。

 

 

 

両サイドが同じ一枚板なので

 

3枚の接ぎ合わせテーブルにしたときに

統一感がでて

違和感なく、

 

自然な雰囲気を保つことができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

三枚の板に細工をして、ハギ合わせる準備

 

 

 

 

3枚をハギ合わせて、大きな固定器でしばらくの間接着を待ちます。

 

 

 

 

 

 

 

接ぎ合わせ完了

 

 

接ぎ合わせが終わり

仕上げに入ります。

 

 

 

 

 

耳を仕上げて、板の両面を

サンダーで塗装ができる状態まで磨きます。

 

 

 

 

 

 

割れたところや、穴があいたところは補修

 

 

割れたところや、節穴や欠けた部分を補修していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

節が大きく欠けたところは

テーブルに使う上で支障がでてくるので

 

埋めて補修します。

 

 

 

おが屑を少し入れて

 

 

 

 

 

 

接着剤で固めます

 

 

 

接着剤で固まったところ

これを穴が埋まるまで繰り返します。

 

 

 

 

 

穴が平らになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕上げ塗装

 

 

ここから最後の仕上げ

塗装です。

 

 

 

 

木の店さんもくでは

 

木にとって良い塗料と思い

植物油の自然塗料である「オスモカラー」を使っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この塗料を塗ることによって

 

木に油分が染み込み、木本来の艶成分の油分が増すことによって

年を経るごとに渋さが深みが出てきます。

 

 

 

そして

塗った後も木が呼吸ができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

積み木や、食器にも使われる塗料

 

 

この塗料は塗装の経験がなくても、どなたでも簡単に塗ることができます。

 

 

もともと開発されたコンセプトは

 

 

 

赤ちゃんや幼児用の積み木のおもちゃに塗る塗料として

 

子供がかじったりなめたりしても安心安全な塗料として

 

開発されたようです。

 

 

 

 

木のお皿や箸、お椀などに塗られたりもします。

 

 

 

 

 

 

補修部分に塗ったところ

雰囲気を損なわずに補修出来ました。

 

 

 

 

3枚接ぎ合わせテーブル板が完成しました。

 

 

 

 

 

 

 

脚に乗せてダイニングテーブル

 

 

原木から

テーブルになるまでの何年かを

簡単に紹介しましたが、

 

 

これだけ一枚板に関わっていると

やはりそれぞれの個性がわかるもので、

 

あの板はここにあったな、とか

 

あの板はまだ乾燥中だな

 

といった感じで

意外と忘れずに覚えているものです。

 

 

 

 

 

今回製作したテーブルです。

岩手のくりで造ったテーブル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく

無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく

木の店さんもくは、岩手県一関市で1964年に創業した木材やオリジナル家具などを販売している木のお店です。地元岩手を始め、国内産・海外産の無垢材、一枚板、銘木など豊富に取り揃えております。当店自慢の木材を使ったスピーカーや時計などのオリジナル家具の販売、ご自宅や店舗に合わせたオーダー家具の制作も承っております。

屋号 さんもく近江銘木株式会社
住所 〒029-0132
岩手県一関市滝沢字鶴ヶ沢7-53
電話番号 0191-21-1131
営業時間 平日 9:00~17:00
土曜日 9:00~12:00
定休日:日曜日/祝日
代表者名 近江 謙利
E-mail info@kinomisesanmoku.co.jp

無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく 木の店さんもくは、岩手県一関市で1964年に創業した木材やオリジナル家具などを販売している木のお店です。地元岩手を始め、国内産・海外産の無垢材、一枚板、銘木など豊富に取り揃えております。当店自慢の木材を使ったスピーカーや時計などのオリジナル家具の販売、ご自宅や店舗に合わせたオーダー家具の制作も承っております。

〒029-0132
岩手県一関市滝沢字鶴ヶ沢7-53

0191-21-1131

0191-21-1136

平日 9:00~17:00
土曜日 9:00~12:00
定休日:日曜日/祝日