無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく 木の店さんもくは、岩手県一関市で1964年に創業した木材やオリジナル家具などを販売している木のお店です。地元岩手を始め、国内産・海外産の無垢材、一枚板、銘木など豊富に取り揃えております。当店自慢の木材を使ったスピーカーや時計などのオリジナル家具の販売、ご自宅や店舗に合わせたオーダー家具の制作も承っております。

無垢材にデメリットは無いのです。

無垢材を使う本当の理由

 

 

 

 

 

 

このブログを

見ていただきたい方は

 

 

無垢が好きだ。

住宅を新築やリノベーションする際には

 

無垢材を使いたい。

 

 

 

無垢材のテーブルや

一枚板カウンターのある空間で

生活をしたい。

 

 

 

だけど、、、

 

 

いろいろ調べたり、話を聞いていると、

いいことばかりじゃなさそう、、

 

 

無垢材は使っても

大丈夫なのだろうか?

 

 

 

 

そのような

方々にぜひ

知っていただきたい

内容になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

よくある質問

 

 

 

この仕事をしていると

 

「杉の一枚板を

カウンターに使うと

キズつきませんか」

 

という質問を

よくされます。

 

 

 

 

私の回答はいつも同じで

「はい、キズつきます。」

 

と答えています。

 

 

もちろん

それで終わり

ではありません。

 

 

私なりの

考えを

お伝えしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ無垢一枚板を使いますか?

 

 

よく無垢材や

一枚板の話にでてくるテーマとして

 

 

無垢材の

メリット、デメリット

ということが

挙げられます。

 

 

メリットとされていることは

木の質感

健康な感じがする

天然素材

など

 

 

このブログをご覧になっている

方ならば

 

当然もうご存じのことばかり

だと思います。

 

 

 

みなさんが

一番知りたいことは

デメリットと言われてること

 

 

無垢材は割れる

無垢材は反る、ねじれる

暖房のそばに置いたらいけない

杉などのやわらかい木は傷つきやすい

汚れがつきやすい、、、、

 

 

 

以上のようなことが

無垢材の

デメリットとして

挙げられています。

 

 

 

 

 

その結果

どのようなことに

なっているかというと

 

 

うーん、、、

使ってみたいのだけれど、、、

 

 

安いものではないし、

 

 

やっぱり

そういうことを

聞くと

 

使うのが怖い

安心して使えそうにない。

 

 

そう思うのも

無理はないでしょう。

 

 

 

 

それは

なぜかというと

デメリットと

言われているものは

 

イメージ的な印象が強く

 

 

割れる→割りばしみたいにパッカリ割れる!?

反る→グラスが傾いてこぼれるほど!?

 

 

ちょっと極端な例かもしれませんが、

そんな風に思っている方も

中にはいるのです。

 

 

 

デメリットとされていることが

どの程度のことなのかが

 

なかなか伝わりづらいことが

原因なのだと考えます。

 

 

 

 

無垢材がこのように

思われているとすれば

 

いくら欲しくても

怖くて使うことが

できないと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無垢材にデメリットはありません。

 

 

 

無垢材にデメリットが無いなんて、

あまりにも極端で、

 

ちょっと乱暴に

聞こえるかもしれません。

 

 

しかし

天然素材である無垢材にとって

 

動いたり、割れたりという

のは

当たり前のこと。

 

 

そのことを

知らないだけで

デメリットという

レッテルを貼られているのが

現状のように思えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

木の店さんもくでは

ダイニングテーブルや

座卓ローテーブルなど

 

ある程度

大きなテーブルは

 

 

 

基本的には

天板を脚の上に

乗せるだけの

 

シンプルな使い方で

提供しています。

 

 

 

 

脚の上に天板が乗っているだけの

ダイニングテーブル

 

 

 

板は動きます。

 

 

これは間違いないことです。

 

 

お部屋の

温度湿度の環境や

季節によって

木は反ったり割れたりします。

 

 

天板を脚の上に

乗せるだけの

シンプルな使い方なので

 

板が反って動いた場合は

 

板と脚の間に

隙間が空いて

ガタつきが生じます。

 

 

脚と天板が離れるので

その間に

クッションを詰めることで

ガタつきをなくすことが

できます。

 

 

 

そもそも

板がそっくり返って

グラスが倒れるほどの

一枚板は論外です。

 

 

 

木の店さんもくでは

 

一枚板やカウンター材に

使われる無垢材は

 

基本

自然乾燥のみで

販売しています。

 

 

そして

なるべく自然に近い

プレーンな状態で

販売しています。

 

 

それはなぜかというと

経年変化を楽しむ

 

天然素材の無垢材だからこその

エイジングにより

 

最終的には

テーブルやカウンターが

 

 

古道具のような

味わいを出せるようなることを

目指しています。

 

 

 

 

新品のキズは目立ちやすい

 

冒頭で

 

「杉の一枚板を

カウンターに使うと

キズつきませんか」

 

という質問

 

これも考え方ひとつで

とらえ方が大きく変わると

思います。

 

 

新品のきれいな状態で

納品されて

大事に使い始めていて

 

最初についたキズは

とても

ショッキングなことです。

 

 

新車だったり

新しい靴やカバン

などと一緒です。

 

 

皮などもそうだと

思いますが、

 

無垢材など

天然素材の場合は

キズが年数を経過することで

味として認知されることが

当たり前の素材です。

 

 

 

汚れやシミなども

同じことが言えます。

 

 

最初のシミや汚れ

キズはとても目立つし

精神的なショックもあります。

 

 

 

しかし

使っていくうちに

気づかなくなったり

目立たなくなったり

していくものです。

 

 

 

そして

気が付いたころには

使い古された

味のあるものに

なっていくのではないでしょうか。

 

 

それになりうる

ものこそが

無垢材などの天然素材なのでは

ないでしょうか。

 

 

 

関連記事

無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく

無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく

木の店さんもくは、岩手県一関市で1964年に創業した木材やオリジナル家具などを販売している木のお店です。地元岩手を始め、国内産・海外産の無垢材、一枚板、銘木など豊富に取り揃えております。当店自慢の木材を使ったスピーカーや時計などのオリジナル家具の販売、ご自宅や店舗に合わせたオーダー家具の制作も承っております。

屋号 さんもく近江銘木株式会社
住所 〒029-0132
岩手県一関市滝沢字鶴ヶ沢7-53
電話番号 0191-21-1131
営業時間 平日 9:00~17:00
土曜日 9:00~12:00
定休日:日曜日/祝日
代表者名 近江 謙利
E-mail info@kinomisesanmoku.co.jp

無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく 木の店さんもくは、岩手県一関市で1964年に創業した木材やオリジナル家具などを販売している木のお店です。地元岩手を始め、国内産・海外産の無垢材、一枚板、銘木など豊富に取り揃えております。当店自慢の木材を使ったスピーカーや時計などのオリジナル家具の販売、ご自宅や店舗に合わせたオーダー家具の制作も承っております。

〒029-0132
岩手県一関市滝沢字鶴ヶ沢7-53

0191-21-1131

0191-21-1136

平日 9:00~17:00
土曜日 9:00~12:00
定休日:日曜日/祝日