無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく 木の店さんもくは、岩手県一関市で1964年に創業した木材やオリジナル家具などを販売している木のお店です。地元岩手を始め、国内産・海外産の無垢材、一枚板、銘木など豊富に取り揃えております。当店自慢の木材を使ったスピーカーや時計などのオリジナル家具の販売、ご自宅や店舗に合わせたオーダー家具の制作も承っております。

コタツ櫓(やぐら)に黒檀やブビンガを使う

炬燵(こたつ)のやぐら製作

 

 

 

 

 

 

天板購入とコタツやぐら製作の依頼

 

 

杉一枚板をご購入いただいた

お客様より

 

炬燵(こたつ)で

使用するので

 

一枚板にあわせて

やぐらを製作して欲しいとの

ご依頼でした。

 

 

 

 

 杉一枚板

1900×680~760×55㎜

 

板の形もよく、年輪巾が狭く

樹齢の高い杉です。

 

 

 

 

 

オイル塗装&解説している動画です。

ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

かなり反っている一枚板

 

 

一枚板を

炬燵の天板にに使用したいと

いわれるお客さんには

 

 

前提として

だいぶ反ったり、そして

割れる可能性が

高いですよ。

 

 

と話しています。

 

 

一枚板は多少なりとも

使い始めてからも

必ず反ったり割れたりする

ことが考えられます。

 

 

普通につかっても

そうなることに

加えて

 

布団をかけた炬燵の天板に

使うとなると

炬燵で暖められた熱気が

一枚板の下面に

ダイレクトに伝わり

 

 

大きく反ったり

することが

高い可能性で起こります。

 

 

 

今回も購入の前段階で

お客様より

炬燵に使うお話を伺った際に

反りの話をさせて

いただきました。

 

 

お客様は

以前も同じように

一枚板を炬燵の天板に

ご使用されていたようで、

 

天板の反りのことは

ご承知で

 

天板をひっくり

返して使ったりして

無垢材の動きや

反りに対しては

十分に知っている方でした。

 

 

そして

そのような動きをする

一枚板を含めて

自然素材がお好きなんだなあと

感じるお話をしていました。

 

 

 

ご購入いただいた

杉の一枚板は

だいぶ反りがきつくなっていて

 

 

布団をかけた

コタツの天板では

支障なく使えますが、

 

夏バージョンの

布団なしで

やぐらに直接

天板をのせて使う際に

どれくらいガタつきが

でるのか

確認が必要でした。

 

 

 

さいわいにして

板にねじれは無く、

単純な反りでしたので

 

天板と脚の接地面にできた

隙間をクッションを使って

詰めるだけで

ガタつきなく使用できるので

このまま使うことになりました。

 

 

 

 

炬燵やぐらの製作

 

 

天板に合わせて

やぐらを製作することに

なったのですが、

 

デザインはお任せして

いただくことになりましたので、

 

簡単なイメージ図で

なんとなくの雰囲気と

サイズの確認

 

 

 

 

 

 

やぐらの材料

 

 

だいたいの形が

きまったので

材料を決めていきます。

 

材料は

杉・黒檀(コクタン)・カリン

ブビンガ・ナラ材

 

5種類の木で造ります。

 

材料選定の理由は

なるべく軽やかに

そして頑丈に。

 

外側部分を細くても硬くて

丈夫なコクタンやブビンガ

 

そして板脚に

こちらも硬く丈夫なカリン。

 

 

杉の天板に負けないような

存在感のある木材を

ちょっとの材で使うことで

アクセントを兼ねています。

 

 

 

 

 

やぐらに使う杉材

杉の柾目材を使います。

 

 

 

なるべく動きが少なくなるように

基本は赤身の柾目材を使います。

 

 

 

 

 

 

 

東南アジアのコクタンやカリン材

 

 

黒檀(コクタン)

 

天板の直下に

使う骨組みなのですが、

 

 

ほんのちょっと天板の下から

ちらりと見えるところなので

黒檀を使うことにしました。

 

 

 

強度も十分にあり

脚を取り付けるので

頑丈な足元になります。

 

 

 

 

加工された

コタツの材料たち

 

 

板脚には東南アジア産の

カリン材を使います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

組みあがり、オイル塗装

 

やぐらが組みあがって

これから塗装されます。

 

 

奥に見えるのが

天板になる杉一枚板。

 

やぐらのサイズ

長さ150㎝

巾72㎝

高さは35㎝

天板をのせて

40㎝ほどになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

塗装は

植物油の自然塗料

オスモカラー

エキストラクリアーです。

 

 

 

コタツやぐらの塗装動画

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やぐらに天板を乗せてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完成そして納品

 

 

お話をいただいてから

およそ2ヵ月

お待たせいたしました。

 

 

 

 

 

お部屋の空間に

設置した瞬間に

 

サイズそして

雰囲気もしっかりと

馴染んでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天板の直下の

黒檀(コクタン)

板脚のカリン

 

そして

地面に接地している脚には

ナラ材を使いました。

 

 

 

 

 

板の隙間にクッションで安定しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

杉の天板を乗せて使う

コタツやぐらの製作でした。

 

冬シーズンには

やぐらに布団を掛けて

 

その上に天板を乗せて

使われます。

 

 

電熱のこたつアンカは使わずに

石油ヒーターから

ダクトでこたつ内に

温風を送るシンプルな暖め方で

お使いになるようです。

 

 

納品の際には

もうコタツのシーズンは過ぎましたが

 

 

布団をかける

冬バージョン

そして

また夏と

 

春夏秋冬

心豊かに快適に

過ごされることと

思います。

 

 

 

 

関連記事

無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく

無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく

木の店さんもくは、岩手県一関市で1964年に創業した木材やオリジナル家具などを販売している木のお店です。地元岩手を始め、国内産・海外産の無垢材、一枚板、銘木など豊富に取り揃えております。当店自慢の木材を使ったスピーカーや時計などのオリジナル家具の販売、ご自宅や店舗に合わせたオーダー家具の制作も承っております。

屋号 さんもく近江銘木株式会社
住所 〒029-0132
岩手県一関市滝沢字鶴ヶ沢7-53
電話番号 0191-21-1131
営業時間 平日 9:00~17:00
土曜日 9:00~12:00
定休日:日曜日/祝日
代表者名 近江 謙利
E-mail info@kinomisesanmoku.co.jp

無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく 木の店さんもくは、岩手県一関市で1964年に創業した木材やオリジナル家具などを販売している木のお店です。地元岩手を始め、国内産・海外産の無垢材、一枚板、銘木など豊富に取り揃えております。当店自慢の木材を使ったスピーカーや時計などのオリジナル家具の販売、ご自宅や店舗に合わせたオーダー家具の制作も承っております。

〒029-0132
岩手県一関市滝沢字鶴ヶ沢7-53

0191-21-1131

0191-21-1136

平日 9:00~17:00
土曜日 9:00~12:00
定休日:日曜日/祝日