無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく 木の店さんもくは、岩手県一関市で1964年に創業した木材やオリジナル家具などを販売している木のお店です。地元岩手を始め、国内産・海外産の無垢材、一枚板、銘木など豊富に取り揃えております。当店自慢の木材を使ったスピーカーや時計などのオリジナル家具の販売、ご自宅や店舗に合わせたオーダー家具の制作も承っております。

茶室建築の水屋に使われる竹スノコ

水屋に使われるスノコ

 

 

茶室や水屋に関する

お問い合わせいただくのですが、

 

最近は

茶室を新築する問い合わせというよりは

 

メンテナンスに関することが

増えてきたように思います。

 

 

 

趣味の茶室はもちろん

茶道教室で

長年茶室や水屋を使われていくうちに

修理が必要になったり

交換する部分もでてきます。

 

 

 

 

茶室の水屋

 

 

茶室には水屋が併設される

ことが多く、

 

というより

刀でいったら鞘のような存在で

なくてはならないところになります。

 

 

 

 

水屋のスノコは

使っているとだんだん古くなって

 

汚れてきたり、壊れてくる部分も

出てきます。

 

 

 

スノコは竹で作られるので

基本的には

消耗品と考えます。

 

 

その時期がきたら

交換が必要になってきます。

 

 

 

 

水屋のスノコ

 

水屋とは茶室でおこなわれる

茶事や茶会を滞りなく行うための

準備室、台所のようなところです。

 

 

 

水を使うところなので

水屋スノコがあります。

 

 

 

スノコは晒竹

 

 

スノコの材料は晒竹を使います。

 

 

スノコを交換する際は

タテとヨコの正確なサイズを測って

製作になります。

 

 

 

竹の太さ

 

太さは5分丸と言って

15㎜径の竹を使います。

 

 

晒竹の水屋すのこ

 

 

 

スノコの取り外しが容易にできるように

中央部分を欠けこみして

手掛けにしています。

 

 

 

 

 

こちらのスノコは

手掛け一本の

欠けこみです。

 

 

 

 

 

竹と竹は銅線で繋いでいます。

 

 

 

 

 

このように

丸めることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

竹の上下を交互に並べて

スノコにしています。

  

 

 

 

 

 

 

スノコと水屋

 

水屋の

スノコが敷かれる前の状態

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水屋スノコを敷き込んだところ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

半間の水屋

 

 

 

 

 

 

 

 

表千家流儀の水屋とスノコ

 

    

 

 

 

 

関連記事

無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく

無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく

木の店さんもくは、岩手県一関市で1964年に創業した木材やオリジナル家具などを販売している木のお店です。地元岩手を始め、国内産・海外産の無垢材、一枚板、銘木など豊富に取り揃えております。当店自慢の木材を使ったスピーカーや時計などのオリジナル家具の販売、ご自宅や店舗に合わせたオーダー家具の制作も承っております。

屋号 さんもく近江銘木株式会社
住所 〒029-0132
岩手県一関市滝沢字鶴ヶ沢7-53
電話番号 0191-21-1131
営業時間 平日 9:00~17:00
土曜日 9:00~12:00
定休日:日曜日/祝日
代表者名 近江 謙利
E-mail info@kinomisesanmoku.co.jp

無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく 木の店さんもくは、岩手県一関市で1964年に創業した木材やオリジナル家具などを販売している木のお店です。地元岩手を始め、国内産・海外産の無垢材、一枚板、銘木など豊富に取り揃えております。当店自慢の木材を使ったスピーカーや時計などのオリジナル家具の販売、ご自宅や店舗に合わせたオーダー家具の制作も承っております。

〒029-0132
岩手県一関市滝沢字鶴ヶ沢7-53

0191-21-1131

0191-21-1136

平日 9:00~17:00
土曜日 9:00~12:00
定休日:日曜日/祝日