無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく 木の店さんもくは、岩手県一関市で1964年に創業した木材やオリジナル家具などを販売している木のお店です。地元岩手を始め、国内産・海外産の無垢材、一枚板、銘木など豊富に取り揃えております。当店自慢の木材を使ったスピーカーや時計などのオリジナル家具の販売、ご自宅や店舗に合わせたオーダー家具の制作も承っております。

天板のリメイク テーブル

モミの天板を使ってダイニングテーブルの製作

 

 

 

今回はお客様から

天板を支給してもらい

ダイニングテーブルを製作します。

 

 

 

 

こちらが支給された天板です。

天板の材はモミの木です。

 

広い板2枚と狭い板2枚の

計4枚で接ぎ合せされていました。

 

狭い板の天然の耳を

両サイドに接ぎ合せています。

 

 

この天板の製作者の

自然の雰囲気を損なわないように

製作している気持ちが

この丁寧な造りから伝わってきます。

 

 

天板は

オイルで着色塗装されてます。

 

 

着色の理由は

おそらくモミやマツに

つきものの

青シミ(ブルーステイン)を

目立たなくするためのものだと

推測されます。

 

 

サイズが2m×1mあり、

新しいお家のダイニングスペースに合わせて

1350×800に

サイズをカットしていきます。

 

 

 

 

 

サイズカットされた天板と

切り落とした端材

 

サイズカットで

切り落とされた端材を

脚の一部と貫(ぬき)板に使います。

 

 

板脚の部分に

モミに似た雰囲気の

岩手県産のアカマツ板材を

使います。

 

 

アカマツ板材

 

 

 

 

モミの木の天板の端材から作った

脚の一部と貫板

 

 

 

 

 

 

 

脚も出来上がりました。

 

 

 

天板と脚はボルトで接合します。

六角スパナで

締め上げて固定する

ボルトを使います。

 

 

 

テーブルは

脚と天板をボルトで

脚部分は貫板をホゾ組にしてあるので、

 

組み立て式のテーブルになりました。

 

 

 

 

天板のオイル塗装

今回着色はせずに

オイル仕上げのクリアー塗装で

仕上げます。

 

オイルは

植物油の自然塗料

オスモカラーを使っています。

 

着色されていた天板とは

ガラッと雰囲気が変わりました。

 

 

青シミもそれほど目立つことなく

いい感じで仕上がりました。

 

 

新しいお家に納品

 

 

 

佐藤工務店

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく

無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく

木の店さんもくは、岩手県一関市で1964年に創業した木材やオリジナル家具などを販売している木のお店です。地元岩手を始め、国内産・海外産の無垢材、一枚板、銘木など豊富に取り揃えております。当店自慢の木材を使ったスピーカーや時計などのオリジナル家具の販売、ご自宅や店舗に合わせたオーダー家具の制作も承っております。

屋号 さんもく近江銘木株式会社
住所 〒029-0132
岩手県一関市滝沢字鶴ヶ沢7-53
電話番号 0191-21-1131
営業時間 平日 9:00~17:00
土曜日 9:00~12:00
定休日:日曜日/祝日
代表者名 近江 謙利
E-mail info@kinomisesanmoku.co.jp

無垢材・一枚板などの木材とオリジナル家具|木の店さんもく 木の店さんもくは、岩手県一関市で1964年に創業した木材やオリジナル家具などを販売している木のお店です。地元岩手を始め、国内産・海外産の無垢材、一枚板、銘木など豊富に取り揃えております。当店自慢の木材を使ったスピーカーや時計などのオリジナル家具の販売、ご自宅や店舗に合わせたオーダー家具の制作も承っております。

〒029-0132
岩手県一関市滝沢字鶴ヶ沢7-53

0191-21-1131

0191-21-1136

平日 9:00~17:00
土曜日 9:00~12:00
定休日:日曜日/祝日